入江九一の性格や墓所について!妻や妹の入江すみも気になる!

この記事は3分で読めます

s_スクリーンショット 2015-01-18 12.58.10

本日の「花燃ゆ」から
俳優の要潤さんが演じる
入江九一(いりえくいち)が
登場します。

一体どのような人物なのか
性格や墓所などを含め
解説します。

また、入江九一の子孫や
女優の宮崎香蓮さんが演じる
妹の入江すみにも注目です!

スポンサードリンク


入江九一は1837年に
足軽の長男として生まれました。


1856年には父が亡くなり
入江家を継承することになります。


入江九一の弟の野村靖は
この翌年に松下村塾へ入門してますが
兄の入江九一は家系を支えるために
松下村塾へ入るのはその1年後でした。


しかも入江九一が松下村塾へ
入門して、わずか1ヶ月足らずで
吉田松陰は投獄されることに。


このため入江九一が松陰から
学んだ期間は1か月と
かなり少ない期間でした。


入江九一の性格と墓所は?


s_スクリーンショット 2015-01-18 13.03.45 (1)

そんな入江九一ですが
吉田松陰の事を終世
尊敬し続けてたそうです。


「尊敬」というよりは
「心酔」のレベルだったみたい。


松陰が老中の間部詮勝の
暗殺計画を企てたときは
他の門下生が彼から離れる中
それに賛成した数少ない塾生でした。


熱血漢タイプというか、
尊敬する松陰にどこまでも従う
義理堅い人物だったのでしょうね。


また、この入江九一は
軍人としての適正があったようで
高杉晋作が奇兵隊を創設した時も
その参謀として参加しています。


また、下関戦争や禁門の変では
久坂玄瑞の副将として活動しています。


しかし1864年の禁門の変で
入江久一は戦死してしまいます。

28歳という若さでした。


その後の入江九一の首級ですが
彼の死を惜しんだ福井藩士が
京都の上善寺で葬ったそうです。

s_スクリーンショット 2015-01-18 13.04.51

京都にある入江九一の墓


その後、明治30年になると
かつての福井藩士が長州藩の
人に彼の墓の事を伝えたため
山口県にも彼をまつる碑石が
建てられたみたい。

s_スクリーンショット 2015-01-18 13.04.33


現在では山口県の長寿寺
両親や妻と共に眠っている他
靖国神社でも「英霊」として
祀られてるそうです。


入江九一の妻「粂」はどんな人?


そんな入江九一ですが
1863年に結婚しています。


相手は(くめ)という人で
入江九一の父親の同僚であった
堀音右衛門という人物の娘でした。


しかしこの2人の結婚生活は
1年強という短い期間でした。


その翌年に夫の入江九一は
禁門の変で戦死してしまいます。


夫の死後も粂は入江家にとどまり
自分の弟である入江音次郎
養子にして入江家を継がせました。


スポンサードリンク


やがてこの音次郎は1873年に
アメリカへ留学するのですが
留学先で23歳という若さで
急死してしまいます。


この音次郎の死によって
入江家は断絶してしまいます。


当時の桑の心境は
言葉にできないものが
あったでしょうね。


この状況を重く見たのか
入江九一の弟の野村靖が
次男の入江貫一を養子として
入江家を相続させました。


これには桑も
ホッとしたでしょうね。


その後、この桑は
1904年に亡くなりました。


1年間強の結婚生活でしたが
入江家のために力を尽くした
事を考えると、夫にはとても
大切にされた気がしますね。


入江九一の妹の入江すみとは?


s_スクリーンショット 2015-01-18 12.59.46
また、入江九一には
入江すみという妹がいました。


ドラマでは宮崎香蓮さんが
演じていて、小島藤子さん演じる
吉田ふさと共に、主人公の
杉文と仲良しという設定ですね。


★小島藤子が演じる吉田ふさとは?


入江すみの生年月日については
どうやら不明みたいです。


ただ、兄の野村靖が1842年生まれで
伊藤博文と1863年に結婚してる
事を考えると、1840年代後半に
生まれたのかな?という気が
個人的にはしますね。


その後入江すみは1863年に
伊藤博文と結婚しているのですが
3年後には離婚しています。


当時の伊藤博文は
尊王攘夷派の志士として
様々な活動を繰り広げていました。


また、すみと結婚した1863年には
イギリスへ留学しています。


この2人が夫婦として過ごした時は
あまりなかった気がしますね。


伊藤博文も、志士としての活動が
多忙だった事もあったのでしょう。


また伊藤博文と言えば、
大の女好きとしても有名で
当時から芸者遊びが盛んだったとか。


特に下関の「小梅」という芸者が
伊藤博文はお気に入りだったみたいで
この2人は後に結婚しています。


この「小梅」という女性が
日本初のファーストレディとなる
伊藤梅子という人物です。

s_スクリーンショット 2015-01-18 13.05.57和歌や英語に優れた良妻賢母だった



そして、入江すみは伊藤博文から
一方的に離縁を迫られてしまう事に。


今でいえばかなりヒドい話ですよねw


もし離婚してなければ、
この入江すみが日本初の
ファーストレディに
なってたのかもしれません。


その後、入江すみはどうやら
別の男性と再婚したようです。


そしてその仲人となったのが
前の夫の伊藤博文だったとか。笑


仲人となった前夫を受け入れるすみも
前妻の仲人になった伊藤博文も
当時はお互いどんな心境だったのか
皆目検討もつかないですね…


入江すみはサバサバして
伊藤博文には未練がなかったのか。

また伊藤博文も、前妻に対して
申し訳ない気持ちがあったのか。


真相は当人にしかわからないですね笑


ドラマでのこのシーンは一体
どのように描かれるのでしょうか…?


個人的には結構気になってますw


また、入江すみには九一の他に
野村靖という兄がいました。


この野村靖は、幕末を生き延び
明治時代には政治家として
大出世を遂げています。


★野村靖の生涯や子孫が気になる!



まとめ


この記事のまとめです。


・入江九一は吉田松陰から学んだ期間は1ヶ月余りである。
・入江九一は松陰に心酔しており、老中暗殺計画にも加担した。
・入江九一は京都や地元の萩、靖国神社などで祀られている。
・入江九一の妻の桑は、九一死後の入江家の存続に奮闘した。
・妹の入江すみは伊藤博文と結婚したが、後に離縁されている。



記事をお読みいただき
ありがとうございました。


では!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s_スクリーンショット 2015-01-18 11.39.01
  2. スクリーンショット 2014-12-17 11.42.14
  3. スクリーンショット 2015-01-13 14.58.47
  4. スクリーンショット 2015-01-08 11.40.53
  5. スクリーンショット 2014-12-17 12.00.48
  6. スクリーンショット 2015-01-01 12.35.23
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。