小田村伊之助が楫取素彦と改名した理由は?花燃ゆの準主役!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-12-19 9.48.32

こんにちは。Masashです。

ここで紹介するのは
大河ドラマ「花燃ゆ」の
重要人物でもある小田村伊之助
(おだむら いのすけ)です。

大沢たかおさんが演じる
小田村伊之助についてと
後に楫取素彦と改名した
理由について調べてみました!


スポンサードリンク


小田村伊之助ってどんな人?


小田村伊之助は1829年に
長州藩の医者の次男として産まれました。


後に、藩に儒学者として仕える
小田村家の養子となったため
「小田村伊之助(おだむらいのすけ)」
と名乗ることになります。


ちなみに花燃ゆ2話の動画が
YouTubeのこちらで公開されていました。


7eb5571551f8c63cf5db11dcc5865a4b

小田村伊之助はその後、
江戸へ遊学に出向くのですが
この地であの吉田松陰と
知り合ったと言われています。


この2人はとても仲が良かったようで、
小田村伊之助は後に松陰の妹である
杉寿(すぎひさ)を妻に迎えています。


ちなみにこの杉寿を演じるのは
タレントの優香さんです。


また、花燃ゆにおける
吉田松陰と小田村伊之助の関係は
「心の友」というものになりそうです。

「心の友」といっても
のび太とジャイアンのような
関係ではないはずですが笑


他にもこの2人は、長州藩の藩校である
明倫館の講師という同僚でもあります。

以前からお互いの事については
知っていたのかもしれませんね。


吉田松陰が処刑された後も
小田村伊之助は彼の松下村塾を
一時は引き継いでいた位です。

彼がどれだけ松陰から信頼されてたかが
わかるかと思います。


そして、その後の小田村伊之助は
他藩の藩士や朝廷にいる公家との
交渉役として活躍したそうです。


例えば、薩長同盟が締結された時には
坂本龍馬と会談し、龍馬と
自分の上司である木戸孝允の間を
取り持ったと言われています。


また、1867年には
名前を楫取素彦(かとり もとひこ)と
改名してますね。


明治時代になってからは
群馬県の初代県令として赴任。


当時閉鎖が検討されていた
富岡製糸場の存続に
力を尽くした事でも知られています。


今では世界遺産となった富岡製糸場。

これが現在でも残っているのは、
群馬県ゆかりの偉人でもある
楫取素彦のおかげなんですよね。


その後、1883年にはドラマの主人公で
井上真央さん演じる杉文(すぎふみ)と結婚。


晩年には妻と故郷である山口へ帰郷し
1912年に84歳で亡くなっています。





スポンサードリンク





小田村伊之助が楫取素彦に改名した理由は?


スクリーンショット 2014-12-19 9.48.32

ここで紹介した小田村伊之助ですが、
なぜ楫取素彦と名前を
改めたのでしょうか。

前から気になってたので
調べてみました!


結論から言うと、
小田村伊之助が仕えていた
当時の長州藩の藩主、毛利敬親に
命じられたためという事になります。



ちょっと話を戻しますね。


そもそもこの小田村伊之助という人ですが、
人生で名前を何度も変えてる人でもあります。


名字の「小田村」も
小田村さんの養子になったから
名乗っただけですしね。


小田村伊之助の父親は
松島瑞蟠(まつしまずいはん)という
長州藩に仕えた医者です。

なので、小田村に養子にいく前は
松島久米次郎と名乗っていました。


また、その後に名前を伊之助から
素太郎(もとたろう)と改名したりもしています。

そしてこの素太郎の「素」が
やがて楫取素彦の「素」になっていきます。


しかしややこしいですね〜笑

ドラマでの表記は
なるべく統一して欲しいところです…



また、楫取素彦の
「楫取」という名字ですが
その由来は「舵取り」という言葉にあるそうです。



楫取素彦が養子に入った小田村家は
祖先が「舵取り」として
長州藩に仕えてたと言われています。


楫取素彦は1867年に、
長州藩の奥番頭という地位に
取り立てられているのですが
これは藩主、毛利敬親の側近の中でも
かなり高い地位にあたります。


この時、毛利敬親は
小田村伊之助と名乗っていた彼に対して
舵取りのように藩を引っ張っていって欲しい
という想いを込めて、
彼に楫取素彦と改名するよう
命じたと言われています。


要するに小田村伊之助は、
藩主からとても期待されていた
人物だったんですよね。


そんな楫取素彦=小田村伊之助ですが、
花燃ゆでは準主役的なポジションとして
1月4日の第一話から登場します。


おそらく最後まで出てくるんでしょうね。


第一話を見た限りでは、
個人的に大沢さん演じる小田村伊之助の存在が
個人的に一番気になりました。


藩に儒学者として仕えつつも
様々なことに興味を持とうとする姿が
印象的でしたね。


小田村伊之助と、彼を演じる
大沢たかおさんのドラマでの活躍が
これからも楽しみですね。


こちらもご覧下さい!



小田村伊之助の妻杉寿ってどんな人?子供や子孫も気になる!

小田村伊之助の父の松島瑞蟠はどんな人?兄の松島剛蔵も紹介!

小田村伊之助は長州藩の儒学者!吉田松陰や富岡製糸場との関係は?


まとめ


この記事のまとめです。


・大河ドラマ「花燃ゆ」の準主役として小田村伊之助という人物が登場する。
・小田村伊之助は吉田松陰と仲が良く、松陰の2人の妹を妻に迎えている。
・小田村伊之助は藩主の命によって名前を楫取素彦と改名した。
・小田村家の先祖は舵取りであり、楫取素彦の「楫取」もこれに由来する。
・小田村伊之助はもとは松島という名字で、生涯で何度も名前を改名している。


記事をお読みいただき
ありがとうございました。


では!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット 2014-12-17 11.42.14
  2. スクリーンショット 2015-01-08 11.40.53
  3. s_スクリーンショット 2015-01-18 11.39.01
  4. s_スクリーンショット 2015-01-15 0.13.02
  5. スクリーンショット 2015-01-11 22.09.06
  6. スクリーンショット 2015-01-12 23.25.03
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。