堀内厚徳がセカオワを漫画化!代表作のベイビー・ワールドエンドって?

この記事は2分で読めます

B3iI6bICYAAZDiD

こんにちは。Masashiです。

12月10日の週刊少年マガジンで、
SEKAI NO OWARIを漫画化した作品
「SEKAI NO OWARI物語」が掲載されます。

作者は堀内厚徳さんという方だそうです。
一体どのような方なのでしょうか。

スポンサードリンク


堀内厚徳さんと代表作「ベイビー・ワールドエンド」とは



まずは作者の堀内厚徳さんについてです!


堀内厚徳さんは2010年にマガジングランプリの佳作を受賞。
その2年後には「ベイビー・ワールドエンド」という作品を
別冊少年マガジンで連載していた若手の漫画家さんです。

この「ベイビー・ワールドエンド」という作品は
いわゆる「青春ラブコメ」に当たるものなのですが、
主人公が人間ではなく、なんと犬のポチなんですよね。

ポチの視点を通して、飼い主のゆー子ちゃんが、
クラスメイトの山田に恋をするところから物語は始まります。

その後、とあるきっかけで
ポチは人間になるのですが・・・


その原因とその後のストーリーの流れは
実際に漫画を見てみて下さい!





ちなみに作品自体は既に完結していて、
コミックは全部で4巻発売されています。


「SEKAI NO OWARI物語」の内容は?


B3iI6bICYAAZDiD


さて、肝心の「SEKAI NO OWARI物語」ですが
話の内容がどのようなものかは、
ネットを見る限りではわかりませんでした、

バンド結成までのストーリーが
メインとなるのでしょうかね?

話の内容は
あさって発売の週刊少年マガジンで
チェックするほかなさそうですね。


ちなみにこのセカオワ物語は、
あさって発売の「2・3合併号」と、
12月24日発売の「4・5合併号」の2回にわたって
掲載されるようです。


スポンサードリンク


「ミュージシャンの漫画化」他には?



セカオワ物語の掲載元である週刊少年マガジンですが、
過去にも何度かミュージシャンを題材にした作品を
掲載しています。


現在でも活動しているミュージシャンで
なおかつ過去に漫画にもなった有名どころとしては
GLAYが挙げられますね。

ダウンロード (3)

1998年の4月の週刊少年マガジンで
「GLAY物語」として掲載されていました。
リーダーのTAKUROとボーカルのTERUが
地元の函館でバンド活動をしていた時期の話だそうです。


5kbZq

作画が時代を感じさせるような・・・そうでないような。


週刊少年マガジンは他にも
LUNA SEAや尾崎豊、つんく♂を題材にした漫画を連載してた事があります。


また、最近ではAKB48をモチーフにした
「AKB49〜恋愛禁止条例〜」という作品が
現在でも公開されています。




どうやらミュージカルにもなっているようです。
さすがAKB。メディア展開が上手だなあ・・・。





若干話がそれてしまいましたが、
あさっての「セカオワ物語」が楽しみですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。